ソチオリンピックで2つの金メダルを獲得したスキー選手

スロベニア出身の有名人と言えば、ソチオリンピックにおいて、スキーのアルペン女子の滑空部門で金メダルを獲得したティナマゼではないでしょうか。

彼女はスロベニアのアルペンスキーの選手として有名ですが、それ以外にも本国ではモデルや歌手としても活躍しています。

スロベニアのスロヴェニ・グラデツで1983年の2月5日に生まれた彼女は、3歳の頃からスキーを始めて、同時にピアノやバレーボールなども習っていたそうです。

そんな彼女は小学校を卒業した後体育専門の高校に入学し、そこでスキーの才能が認められスキーチームに選抜されました。

彼女は、所属するチームでFISで行われるレースに参加し何度も勝ち続けました。

この段階で国内では、それなりの有名人となっていたようです。

そして15歳の時の1999年にワールドカップでデビューし、19歳になった時の2002年にスキーアルペンにおける大回転部門で早くも優勝を経験します。

しかし、ここで初優勝してからの彼女はなかなか結果ですが、長い間受賞経験がない状態が続きます。

そんななかアンドレア・マッシと結成したTeam to aMAZEという名称のプライベートチームで独立を果たしました。

このアンドレア・マッシは、スロヴェニアにおいて初となる外国人のコーチでフィジカルトレーナーを務めるイタリア人です。

チーム内で代表コーチを務めるマッシのマネージメントを受けたティナ・マゼは、ワールドカップに挑戦するようになります。

そして独立したチームでは、初挑戦となるワールドカップの一番最初のシーズンいて総合順位で6位となりました。

ここからティナマゼの躍進が始まり、結果も出始め、2011年のアルペンスキーの世界選手権の大回転部門で金メダルを獲得し、スーパー複合部門において銀メダルを獲得、滑空・回転では5位となり、スーパー大回転でも11位になるという好成績を残し、どの競技でも結果を残せるという活躍を見せました。

そしてこの時のワールドカップでの総合順位において、自己最高の記録となる3位という結果を残します。

その後の2011年から2012年のシーズンでは勝利することはありませんでしたが、そこでも各部門において一ケタ順位という記録を残し、総合での順位は2位という成績を残します。

それからに2013年の世界選手権において、スーパー大回転部門での金メダル、大回転部門とスーパー複合部門において銀メダルを獲得し、それ以外の部門でも好成績を残し全種目において入賞し歴史上最多ポイントになる。

2414ポイントを獲得し自身初となる総合優勝を果たします。

そしてソチオリンピックにおいては、大回転部門と滑空部門において金メダルを獲得しました。